会社員が公務員に転職することというのは出来 || 会社員が公務員に転職することというのは出来るのでしょうか?結論を言ってしまうと可

転職する前に知っておくべき事。

転職する前に知っておくべき事

↑ページの先頭へ
枠上

会社員が公務員に転職することというの

会社員が公務員に転職することというのは出来るのでしょうか?結論を言ってしまうと可能です。

実際に会社員から公務員に転職をした人はかなりの数存在します。
ただし、職を変えたからといって給料がアップするとも限りません。会社員を続けていた方が高い給料をもらえることもあるので、その辺りをしっかり見極めてから転職をする方が良いでしょう。



就活で必須なのが、メールを使った遣り取りです。

コツなどはこれといってありませんが、必ず「お世話になっています」であるとか「よろしくお願いします」のような決まった言い回しを頻繁に使うので、単語を打てば文が出るよう登録しておくのが速くてよいでしょう。転職を斡旋してくれる転職エージェントでは、履歴書の書き方、面接を受ける際の注意点など、転職に関する助言をもらえます。



初めての転職となる場合、分からないことはたくさんあると思うので、大変役立つはずです。

面接日時や条件交渉など、本来なら自分自身で行わなければならないことを何もかも代わりにしてくれるので、面倒なことを行わなくてもすみます。



毎日の業務の上で、どれだけストレスを溜めないかが一番重要だと思います。どんなに良い条件の仕事であったとしてもストレスが蓄積するとすぐに出来なくなってしまいます。ストレスを解消する方法をみつけておくようにすることが欠かせません。転職の履歴書に、前職の会社の名前や勤務年数といった簡素な経歴を書いているだけでは、それを読む採用担当の方に今まで頑張ってきた仕事をわかってもらえません。


どのような部署でどのような仕事を行い、どういった成果を残したのかやスキルが身についたなどの説明を記入することで、人事担当者の目に留まりやすくなるでしょう。

専門職というのは、その求人の条件として指定されている資格を有するなどと記載されている求人もあるので、転職して専門職に就くなら資格を所持している方が有利です。なおかつ、資格を有す方とそうでない方とでは、人事部により、履歴書の確認がなされた場合にも違いが出るのです。

大学を卒業される方が就職活動を始める時期は、いくら遅かったとしても大学3年の冬から始めることが望ましいです。

一方で、既に卒業している方でまだ就職に至っていない方は、早めに就職できるように、応募しようと思っている企業が求人を募集し始めたら早めに活動するのがいいです。

転職に有利な資格の合格しておくと、急な場合にも安心ですね。そのような資格として例えば、TOEICがあります。



TOEICというのは、自分の英語力を証明する資格のことを言います。


グローバル化が進行している今日、一定の英語能力を有する人材を希望する企業の数が非常に多くなってきました。

どの業界でも英語力の高い人材を希望しているので、転職するに際してとても有利な資格だといえます。

大手の企業に転職をした場合、収入が上がる事が多いですが、一番違ってくるのはボーナスになるでしょう。

中小企業だと少ないボーナスだったり、業績によってはボーナスゼロの場合もあります。

手取額が同じ40万円だったとしても、ボーナスが無ければ480万円というのが年収ですが、ボーナスが一年に二回、あったとすれば、その分だけ、年収に差が出てきます。会社から見て必要な人材だと判断してもらうことができた場合は、35歳以上でも転職を諦める必要はないと考えていいです。

確かに、若い方が採用されやすいですが、即、結果を出すことを求めているような企業の場合、経験、知識を兼ね備えた30代の労働力を迎え入れることができる状態になっています。なので、35歳を過ぎていても、再就職を諦めなくていいのです。



転職エージェントというのは転職を望む者に対し、望む条件に当てはまる求人情報を教えてくれます。保有している求人情報が比較的多いため、自分が就きたい仕事に就職できる可能性が高いです。ハローワーク、求人雑誌では取り扱っていないような非公開の求人情報もありますから、より希望通りの仕事に就職できるかもしれません。


ボーナスを貰ってから転職する方が金銭面では有利です。

退職金も考えると、それなりの臨時収入となるため、退職を望んでいる人はボーナス月に合わせた退職にすると損をしません。

そのためにも、計画を練って転職活動をするようにしていくことが大事ですから、前もって計画を練っておいた方がいいかもしれません。

正社員に合格できない場合、その原因はその人の心構えにあるといえます。
志望するその企業で働き、何がしたいのかがちゃんと決まっていないため、具体的に志望動機を述べられず、面接でもアピールできないのでしょう。やりたい仕事が見つかって、情熱が伝われば学歴も関係してくるかもしれませんが、正規の社員として合格する確率は上昇するでしょう。

中小企業は色々な経営課題を抱えているため、中小企業診断士の資格を取得していれば、転職を行う際にも役に立つことは間違いないでしょう。

中小企業診断士という名の資格は、中小企業の持っている問題を診断して解決したり、経営上の助言を行う専門家で、経営コンサルタントと同じような役割だと考えてください。人間関係がうまくいかなくて退職した場合に、ありのままに、人間関係を転職理由とすると、相手企業側の人事担当者は、「うちに入社しても同様の理由で短期間で退職してしまうのではないか?」と懸念してしまうでしょう。

直接の退職理由を伝えるのではなく、角の立たない転職理由を考えておいた方が順調な転職活動を行えると思います。前職と違う業種に転職する人もいますから、方法を考えればできます。
とはいえ、その際には覚悟を持つことが大切です。



なかなか決まらなくて、長く転職活動をしなければならない可能性があります。

二十代だったら、吸収も早いでしょうし、未経験者の採用ケースも多いですが、三十代ではどうしても、仕事を覚える速度が遅くなるので、採用されにくいでしょう。転職した後、お祝い金の受け取れる転職サービスといったものもあります。

これを決め手に転職サービスを選ぶ人もいるそうです。


同じ程度の転職サービスなら、お祝い金の受け取れるほうが嬉しいですよね。けれども、受け取れるお祝い金の額は転職先の収入で変動しますし、トータルで考え、自身に合った有利な転職サービスを選ぶようにした方がいいでしょう。転職時、履歴書の記述の仕方がよく理解できないという人もおられるかもしれませんが、近頃は、インターネットで調べれば、履歴書の書き方の模範例なども載っているので、それらをみながら、履歴書を作成されるのもいいでしょう。

しかし、そのまま書くのはよくないことです。



相手企業にアピールできる記述方法を自分で考えるべきです。就職する前に、ブラック企業だということが判明していれば、誰もそのような企業に就職しようとは考えません。
仕事を辞めたいと考えても、将来の生活のことを考えると、辞められないケースもあるものです。



ただ、健康な体があってこその生活ですし、無理して続ける必要はありません。転職の話を家族に相談しても、適当な助言を与えられるとは考えないでください。


家族はあなたの仕事での状況をしっかりとわかっていないからです。転職理由を説明しても「ふーん」程度しか返事が返ってこないこともあるでしょう。
「好きにすればいい」このような一言で片付けられることも多いです。公務員とはいっても、どういったところで働くかによって給料には差があります。



職業次第では、かなり給料に差が出るので、収入を増やすために転職を行うのならば、どんな職業を選択すれば良いか、考えなければいけません。

さらに、公務員には暇なイメージや楽な仕事だというイメージが強いかもしれませんが、実際に働いてみるとそこまで甘いものではありません。


英語が堪能な方が、就職活動で有利かと問われれば、有利なことが多いでしょう。
楽天が有名ですが、社内公用語が英語に限るという企業もありますので、英語に強いと、他の求職者に比べて選択肢が多くなり、有利な結果につながります。



履歴書に記載できる英語力を証明する資格を取っておくのが得策です。

大企業になればなるほどボーナスも高額になる傾向があるでしょう。転職によって大幅に収入をアップできる確率が高いため、大手企業にチャレンジしてみるのもメリットがあるでしょう。
しかし、大企業への転職は中小企業への転職を成功させる以上に難しいですから、あまりこだわりすぎないのがいいかもしれません。目的や野望もなしに大学を卒業し、仕事を探そうとしても、希望通りの仕事に就くのは難しいです。


そのために仕事にやりがいを実感できずに続かなくなってしまい、新たな職に就いて、辞めてという負の連鎖にはまりがちです。向いている仕事に少しずつでも近づきたい場合は幼少期からぶれない夢を持ち、努力することが大切です。



転職活動の際は、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)という資格を取得していると合否の決定に役立ってくれることもあるかもしれません。MOSという資格はマイクロソフト社が公認しているPCスキルが一定レベルにあることを証明するとても汎用性のある資格です。

このMOSという資格を持つことにより、使われていない企業はないといえるほどのマイクロソフト社のワードやエクセルといったソフトに関する知識、技術を証明してくれるのです。

就職活動での面接で気を付けるべき点は、基本的には、良い第一印象を与えることで、自分の考えを自分の言葉で、面接官が共感出来るように話す姿勢が重要になります。
面接官に同調してもらうためには、分かりやすいように話しましょう。その会社に関連した情報を集めるなどの下準備もした方が良いでしょう。

就職活動を成功させるためには、押さえておかなければいけない事項があります。それが就職活動の手順です。もしかすると、就活を進めていく中で嫌なことに直面してしまったり、人格を否定されたりするかもしれません。


それでも、流れにのってやることをやっていれば、就職できるはずです。
ドロップアウトしなければ、大丈夫です。職に就いてない期間が長いと、転職しにくいか否かは、無職であった期間に何をしていたかによっても、異なってきます。

前の仕事を辞めてから、職業訓練校に行って資格を取ることができていたり、転職にプラスになるようなことをとってきたのなら、面接を受ける時に話すことでかえって良い印象を与えられるでしょう。35歳転職限界説はよく聞かれますよね。



これは35歳以上になると転職することができなくなるという説です。
未だにこんな噂を聞くことが多いですが、本当に、そうなのでしょうか?結論としては、35歳転職限界説は今日においては、もはや過去の話となっています。
現在は、どの会社も生き残るために必死になっていますから、年齢だけで不採用にしている場合ではないのでしょう。一般的に転職者が求められることはすぐに仕事をしてもらうことなので、異なる職種に転職する場合は年齢や経験ではない、何らかの別な長所がないと採用してもらえないでしょう。即結果を残せるような人材を探しているので、未経験でも採用するところはそれほどありません。必要なスキルを身につけておくとか、研修を受けておくといった努力が求められます。


枠下 枠上

関連する記事です

枠下
枠上

メニュー

枠下
Copyright (c) 2014 転職する前に知っておくべき事 All rights reserved.