正規の社員と比べると、待遇がかなり違うと噂さ || 正規の社員と比べると、待遇がかなり違うと噂されている契約社員の待遇についてですが

転職する前に知っておくべき事。

転職する前に知っておくべき事

↑ページの先頭へ
枠上

正規の社員と比べると、待遇がかなり違うと噂さ

正規の社員と比べると、待遇がかなり違うと噂されている契約社員の待遇についてですが、実際の収入に、どれくらいの差があるのでしょうか。ある番組の内容によりますと、一生の取得額でみると、およそ8000万円の差異が生じてしまうという衝撃の調査結果が明らかになっていました。仕事を選ぶ時に、正社員を目指す傾向は以前から変わらないでしょう。

正社員の利点は収入が安定していることです。
保険やボーナスの観点からもメリットは多いでしょう。

とはいえ、実際は正社員にならない方が割がよい仕事も多くあり、どちらが良いかは細かく計算しないとわからないものです。
転職エージェントといったところは、面接の受け方、履歴書の書き方など、転職に関する助言を受けることができます。
転職をするのが初めての場合、分からないことはたくさんあると思うので、非常に役立つことだと思われます。そして、入社日の調整や面接日時、条件の交渉など、本来であれば自分で行わなければならないことを全部代行してくれるので、手間ひまのかかることを行わなくてもすみます。転職活動の際には、どの点に気をつけたら給料アップにつながるのでしょうか。



それは、これまでやってきた仕事や得意なこととかこれからのスキルアップについての見込みなどを詳しく転職先の企業に魅力を伝えるようにすることです。人事担当者を説得できるだけの自己アピールできれば、給料も上がることでしょう。
転職先が大手企業だった場合、収入が上がる事が多いですが、もっとも違ってくるのはボーナスの金額でしょう。
中小企業だと、ボーナスの額がわずかだったり、業績によってはボーナスゼロの場合もあります。手取額が同じ40万円だったとしても、ボーナスが無ければ480万円というのが年収ですが、ボーナスが年に二度あれば、その分だけ、年収に差が出てきます。会社を辞めてから、マイペースに時間が過ぎていただけだったり、失業保険を受けとるだけで、別段、就職活動らしいことをしていなかったりすると、無職の期間が長引けば長引くほど転職に支障をきたすかもしれません。


可能ならば面接官が納得するような理由を述べられるようにしておくと良いです。転職活動の際は、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)という資格を取っていると採用へのアピールになってくれるかもしれません。MOSという資格はマイクロソフト社が公認しているPCスキルを認めてくれる資格なのです。

この資格を取得しているということは、今やほとんどの企業で普通に使われているマイクロソフト社のワードやエクセル、パワーポイントといったソフトに関する知識とか技術が証明されるのです。仕事を辞めてからの期間が長いと転職がしづらいので、できることなら退職をしてから転職までの期間を短くするように気をつけて行動を起こしてください。

面接官が無職期間の長さを気にかけて質問をしてくる場合もありますので、無職期間にどういったことをしていたのか、的確に返答ができるように心の準備をしておきましょう。

一昔前は、35歳を超えると転職は無理になるという説も、結構本当でした。昔は年齢に比例して序列が上がっていくシステムだったので、35歳を超えた方が、中途で入社してきてもどう扱うかが難しいため、採用しない企業が多かったのです。
けれども、今は年功序列が崩れたため、35歳以上でも有能であれば採用を決定する企業が少なくなくなりました。就職活動で成果を収めるためには、押さえておくべきポイントがあります。
それが、就職にむけて活動する時の流れです。
就活中に不快なことがあったり、人格を否定されたと感じるようなこともあるでしょう。

そんな時にも、流れにのってすることをしていれば、就職できるはずです。

逃げなければ、大丈夫なのです。

家族と転職の話をしても、適当な助言を与えられるとは考えないでください。家族はあなたの仕事での状況をしっかりと把握していないからです。

転職理由を説明しても「そっかー」くらいしか思ってくれない事だってあります。



「やりたいようにやればいい」このような一言でさらっと終わる可能性もあります。


私は、正社員に合格できない理由については本人の意識にあるでしょう。


その会社に入社したら、どんな役に立てるのかがちゃんと決まっていないため、志望する理由が抽象的になってしまい、面接の印象も悪くなってしまうのでしょう。やりたい仕事がわかって、情熱が伝わると学歴も影響するかもしれませんが、正規の社員として合格する確率は上昇するでしょう。

転職に強い資格を得ておくと、急な場合にも安心ですね。そのような資格の例をあげると、TOEICがあります。TOEICとは、自分の英語力を証明する資格です。グローバル化が進行している現在においては、ある基準を満たす英語力を有する人材を求める企業が非常に多くなってきました。

どのような業界でも英語力の高い人材を求めているので、転職する場合に、非常に有利な資格だといえます。転職をすると、お祝い金がもらえる転職サービスもありますが、たとえ祝い金が貰えたとしても、一度に受け取れるわけではなく、12回の分割で振り込まれることが多いので、転職する際の費用の足しにはならないでしょう。


お祝い金制度を採用していない転職サービスの方が、良質の求人情報を集めていたり、面接に通りやすいなんてこともあります。

求職活動に成功する秘訣はハローワーク、求人のサイトの上手な活用でしょう。


現在では、高齢者を対象にした人材バンクといったものもあって、その人にマッチした仕事を紹介する所もあります。人材バンクとか人材紹介会社を使って自分の職歴等を登録して、自分に合った仕事を見つけるのが最も効率の良い求職方法ではないでしょうか。

転職して大手企業に職を得れば、収入は増えるのでしょうか?基本的には、給料がアップするので、収入だけにこだわるなら大手企業への転職を目指すのがよいでしょう。大企業では年収700万円〜800万円もさほど珍しいことではないのです。

年収が1000万円以上という人もいるので、中小企業より、明らかに給料は高いといえます。



転職の際の履歴書の記入のコツですが、これまで勤めていた会社でどんな仕事をしていたのか、どんな業績があったのかなど、自分がどのような仕事の成果を上げたのかを明確に書くことが大切なところです。

転職の時には、履歴書でアピールすることが肝要なのです。
特にやりたいこともなしに大学を出て、仕事に就こうとしても、希望の職に就くのは困難です。
それが原因で、仕事に希望を見出せずに辞めてしまって、転職しても、また辞めるという悪循環に陥りがちです。

天職に一歩でも近づくため、幼い頃から自分の軸を持ち、努力することが大きなポイントです。転職を考えておられる方は、希望の転職先で要る資格は何があるか考え、少し時間をかけて資格を取って備えておくのもいいかもしれません。
面接の時、有利になることも多々ありますし、資格手当などのある会社では資格が重要な証拠なので、まだ持ってない方は積極的に取得するのが良いでしょう。
中小企業は様々な経営上の問題を持っているので、中小企業診断士に合格していれば、転職するに際しても無駄にはならないでしょう。中小企業診断士という名の資格は、中小企業の持っている問題を診断して解決したり、経営に関してアドバイスする専門家ですから、経営コンサルタントと同様の役割だと理解して間違いありません。毎日の業務の上で、ストレス解消を心がけることが一番重要だと思います。
どれほど恵まれた条件の仕事だったとしてもストレスが蓄積すると長期間続ける事が出来ません。
ストレスを解消できる手段を自分なりに準備しておくことがとても重要です。
就職活動で必ずしなければならないのが、メールを使った遣り取りです。



コツといったものはこれといってありませんが、必ず「お世話になっています」だとか「よろしくお願いします」等の決まり文句を使用する場合が多いので、単語を打てば文章が出て来るよう設定をしておくと楽でしょう。
労働経験が就職活動において有利になることは多いと思われます。
人事部を担当していた際に面接で受けた印象は、バイト経験を持つ人の方が受け答えがハキハキして、良い印象を持てたということです。社会経験をしたことがあるかないかはこういうところにも現れるのではないかとつくづく思いました。支障がないだけでなく、良くない印象を与える恐れがないというのが、転職理由を考える場合に最も重要な事項となります。人間関係や待遇への不満が要因となって会社を辞める人もいっぱいいますが、人間関係を修復することができずに退職したと人事側は受け取ってしまうため、どうしてもあなたの印象が良くないものになってしまいます。転職をする時期は、賞与を貰ってからの方が収入も増えますし、いいかもしれません。退職する時期をボーナスが入る月とお考えの人もたくさんいると思いますが、その時期が来るまでに転職する会社を決めておいた方が利口でしょう。

ベストなのは、ボーナスをもらったら退職して、その後ですぐに転職できるように実行に移すことです。転職の際に、普通求められるのはすぐに戦力になることなので、異なる職種に転職する場合は年齢や経験の不足を補う何かがないと勤め先を見つけるのは厳しいでしょう。今すぐにでも、働いてもらえるような人材が欲しいので、未経験者可とするところはあまりありません。
必須の資格を取ったり、事前に研修を受けたりといった努力が求められます。英語に強いと就職活動上、メリットになるかと言えば、メリットになる可能性が高いです。楽天が有名ですが、社内公用語が英語に限るという企業も存在しますので、英語が堪能なら他の求職者よりも選択できる会社が増えて、有利に事が運びます。履歴書に記載できるような英語能力に関する資格を取得しておくと良いでしょう。


35歳転職限界説はよく聞かれますよね。

この説は35歳以上になると転職することができなくなるという説です。いまだにこのような説が吹聴されていますが、本当に、そうなのでしょうか?実のところは、35歳転職限界説は、今では当てはまらなくなっています。現在はどの企業も生き残るために懸命に努力していますから、35歳以上だからという理由だけで不採用にしている場合ではないのでしょう。転職における履歴書の書き方がよくわからない人もいるでしょうが、最近では、インターネットで探せば、履歴書の書き方の模範なども載せられていますので、参考にしながら、履歴書を書いてみるのもいいでしょう。

ただ、みたままを書くのはやってはいけません。
採用担当者にアピールできるような書き方を自分で考える必要があります。今まで勤めた業種と違う異業種に転職する人もいますので、方法次第ではできます。ただ、その時は覚悟が要ります。場合によっては、なかなか決まらず、転職活動が長期化する可能性もあります。二十代は吸収が早いので、未経験者が採用されることも多いのですが、三十代になると、どうしても二十代と比べると仕事を覚える速度が遅くなるので、採用されにくいでしょう。


枠下 枠上

関連する記事です

枠下
枠上

メニュー

枠下
Copyright (c) 2014 転職する前に知っておくべき事 All rights reserved.