仕事を選ぶに当たって、正社員を目指す傾向は以前から || 仕事を選ぶに当たって、正社員を目指す傾向は以前から変わらないでしょう。 正

転職する前に知っておくべき事。

転職する前に知っておくべき事

↑ページの先頭へ
枠上

仕事を選ぶに当たって、正社員を目指す傾向は

仕事を選ぶに当たって、正社員を目指す傾向は以前から変わらないでしょう。

正社員になるメリットは安定した給料をもらえることです。保険やボーナスにおいても利点は大きいです。



とはいえ、実際は非正社員の方が割がよい仕事もたくさんあり、どちらが良いかは一概にはいえないでしょう。公務員といってもどんなところで働くのかによって給料は異なります。


職業次第では、かなり給料に差が出るので、高収入を得るために転職をしたいのであれば、どういう職業に就くのが正解か、じっくりと考えましょう。それから、公務員といえば暇なイメージや楽な仕事だというイメージが強いかもしれませんが、実際に働くと、そんなに甘いものではありません。
少し昔では、35歳転職限界説も、結構真実を語っていました。

以前は年功序列というシステムだったので、35歳を超えた人が中途で入社しても扱いづらいので、不採用とする企業が少なくなかったのです。でも、現在は年功序列が崩れたため、35歳以上でも前途が有望であれば採用を決める企業が多くなりました。

「35歳転職限界説」は知らない人がいないくらい有名ですよね。この説は35歳以上になると転職することができなくなるというものです。
まだこのような噂がありますが、本当にこの説は正しいのでしょうか?結論としては、35歳転職限界説は現在では有効ではなくなっています。今では、どの企業も生き残るために必死なので、年齢で選抜している場合ではないのでしょう。就職活動で成果を収めるためには、押さえておかなければならないことがあります。
それが、就職にむけて活動する時の流れです。もしかすると、就職活動中に不快なことがあったり、人格を否定されたと感じるようなこともあるでしょう。

でも、フローにのってすることをしていれば、就職できるでしょう。

脱落しなければ、なんとかなるものです。

特にやりたいこともなしに大学を卒業して職を探そうとしても、望み通りの職に就くのは難しいでしょう。

それが原因で、仕事に希望を見出せずに退職してしまい、新たな職に就いても、すぐに辞めるという悪循環にはまってしまいがちです。


適職に一歩でも近づくためにも幼少期からぶれない夢を持ち、がんばることが重要です。今まで勤めた業種と違う異業種に転職する人もいますので、やり方を試行錯誤すればできます。



でも、その場合は覚悟しなくてはいけません。



場合によっては、なかなか決まらず、長期間、転職活動することになるかもしれません。20代なら吸収も早いため、未経験者の採用も多いですが、30代の場合、20代と比べると新しいことを吸収する速度が遅いため、決まりにくくなります。

退職して以来、マイペースに時間をやり過ごしていただけだったり、失業保険をもらうだけで、特に就職活動などもしていなかったりすると、無職の期間が長ければ長いほど、転職の際に不利になるでしょう。



できることなら、面接官が納得できるような理由を言えるようにしておくと良いです。



転職中は、どういったことに気をつけたら給料が上がるのでしょうか。

今までの仕事内容や得意なこと、スキル向上のための今後の展望などを詳しく転職先の企業に自己アピールすることです。
企業側を頷かせるだけのPRができるようなら、給料を上げることも簡単でしょう。退職原因が人間関係である場合に、ありのままに、人間関係を転職理由とすると、人事の担当者は、「自社に入っても同じようなことが理由であっさりと辞めてしまうのではないか?」と危惧してしまうでしょう。

そのままの退職理由を伝えるのではなく、角の立たない転職理由を考えておいた方が順調な転職活動を行えると思います。

転職を考えた時、家族に相談することはかなり大切です。しかし、適切な助言がほしい場合には、仕事の状況をきちんと知っている会社の人に相談した方がいいかもしれません。


一緒に勤務しているからこそできる助言があるはずです。
同僚に信頼性がない場合は、転職したことのある友達に相談するのもオススメです。

転職をしたら、祝い金が出る転職サービスもあるにはあるのですが、お祝い金を受け取れるといっても、一括で全額を受け取ることはできず、一年にわたっての分割で振り込まれるケースが多く、転職する時の費用には使えません。お祝い金の制度がない転職サービスのほうが、良質な求人情報を提供していたり、面接に通りやすいなんてこともあります。



転職の際の履歴書の記入のコツですが、これまで働いていた会社でどんな仕事をしてきたのか、どんな業績を残したかなど、仕事でどんな成果を上げたのかをはっきり書くことが重要です。

転職を考える時には、まずは、履歴書を通してアピールすることが重要なのです。

大手の企業に転職をすれば、給料は増えるのでしょうか?基本的には収入アップとなるので、給料にこだわるなら大手企業への転職を目指すのがよいでしょう。大企業のケースは年収700万円以上もそれほど珍しいことではないようです。



年収が1000万円ほどの人もいるため、明らかに大企業のほうが給料が高いといえるでしょう。就活で必要なことの一つがメールによるコミュニケーションです。

コツなどは特にありませんが、「お世話になっています」、「よろしくお願いします」などの定型句を頻繁に使うので、単語からすぐ文が出て来るような登録すれば楽でしょう。家族に転職についての相談を持ちかけても、適切な助言をして貰えるとは思わないでください。

家族は会社でのあなたの状況をちゃんと理解していないからです。


転職したい理由を話しても「そっかー」くらいしか考えてくれない事もあります。「好きにすればいい」このような一言でさらっと終わる可能性もあります。大学卒業を控えた人が就職活動を行う時期は、遅くても大学3年生の冬頃から始めることが望ましいです。



一方、既に卒業しているけれどまだ就職できていない方は、早期に就職することを考えた上で、応募しようと思っている企業が求人の公示をした瞬間から迅速に活動をするべきです。



転職した後、お祝い金が出る転職サービスもあります。それを理由に、利用しようと思う転職サービスを選ぶ人もいるそうです。

おんなじような転職サービスであるなら、お祝い金が貰える方が嬉しいですよね。けれども、受け取れるお祝い金の額は転職先の収入で変動しますし、トータル的にみて、自分に有利な転職サービスを選ぶようにした方がいいでしょう。

賞与を貰ってから転職をした方が収入も増加しますし、後悔しないでしょう。
退職するのはボーナス月が良い時期だとお考えの方も多いように見受けられますが、その時期が来るまでに次に働く会社を決めておいた方が利口でしょう。


ベストなのは、賞与が入ったら退職し、即新しい仕事に就けるように動くことです。転職エージェントでは転職したい人に対して、その人が望む条件に該当する求人情報を知らせてくれます。取り扱っている求人情報が比較的多いため、自身が就きたい仕事に転職しやすいです。ハローワークや求人雑誌では公開していないような非公開の求人情報もありますから、より条件に沿った仕事に就職できる可能性があります。


転職における履歴書の記述方法がよく理解できないという人もおられるかもしれませんが、近頃は、インターネットで調べれば、履歴書の書き方の模範例なども載っていますから、参考にしつつ、履歴書を作成してもいいでしょう。

ただし、丸写しはやってはいけません。

相手企業の人事の目に留まるような書き方をご自身で考えるようにしてください。転職を考えておられる方は、目指している転職先で持っていた方が良い資格は何があるか考え、少し時間をかけて資格を取っておくのも良い方法かもしれません。



面接時、他の人に差をつけることが出来るということもありますし、資格手当のつく企業では資格が大切な証拠なので、取得してない人は自分から進んで取得するとよいでしょう。支障がないだけでなく、マイナスとなる印象を与えないというのが、転職理由を考慮する上で、最大の重要事項となります。
退職理由が人間関係とか待遇の不満である人も大勢いますが、人との関係の修復が不可能で退職したと人事側が捉えてしまうこともありますから、どうしてもあなたの印象が悪くなるでしょう。転職の斡旋をする転職エージェントでは、履歴書の書き方、面接を受ける際の注意点など、転職の際のアドバイスをもらえます。
初めての転職となる場合、知らないことだらけだと思うので、非常に役立つことだと思われます。

面接日時や条件交渉など、元来、自身で行わなければならないことを全て代わって行ってくれるので、面倒なことを行わなくてもすみます。転職の履歴書に、前職の会社の名前や勤務年数といった簡素な経歴を書くのみだと、採用試験を受ける企業の人事の人に今までしてきた仕事をわかってもらうことはできません。どのような部署でどのような仕事を行い、どういった成果を残したのかや技能を身につけたという説明を加えることで、採用担当者に興味を持ってもらえるかもしれません。


何かしらの仕事をしている人が多いわけですが、好きでその職場に決めた人もいれば、生活のために選択した人もいることでしょう。


しかしながら、その仕事がとてもつらいときには、その仕事が好きな人でなければ放棄したくなることもあるでしょう。他に目指していることがあるのなら、働いている中で嫌なことがあっても消化できるかもしれません。仕事探しの成功の秘訣はハローワーク、求人のサイトの利用でしょう。最近は、たとえば、高齢者対象の人材バンクが設けられ、各自に合う仕事を紹介してくれる所もあるのです。人材バンク、人材紹介会社を利用して、自分の職務経歴などの必要情報を登録して、自分にマッチした仕事に出会えるようにするのが最も効率の良い求職方法ではないでしょうか。

無難な転職理由としては、スキルを向上させるためという理由がもっとも無難で、なおかつ、採用側にマイナスの印象を持たれづらい理由です。

理由がスキルアップであるならば、当たり障りがないながらも、今後、より一層のスキルアップを目指しているという積極的な印象を人事側に植えつけることができます。転職をして大手企業に職を得た場合、収入が上がる事が多いですが、一番差が出るのはボーナスの差となるでしょう。中小企業の場合だと少ないボーナスだったり、業績によってはまったくないなんてこともあります。もし、給料が40万円と同じでも、ボーナスが無ければ480万円というのが年収ですが、ボーナスが年に二度あれば、年収にそれだけの差が出てくることになります。



転職エージェントというのは、転職を援助してくれる企業をいいます。それなら、転職エージェントは本当に役立つのでしょうか?率直に述べると、それは使い方次第といえます。頼りきりになっていては転職できないことがありますが、上手に利用すればとても役立つものです。
枠下 枠上

関連する記事です

枠下
枠上

メニュー

枠下
Copyright (c) 2014 転職する前に知っておくべき事 All rights reserved.